言語選択

            DeutschFrench (Fr)Japanese(JP)Português (Brasil)English

follow me

Facebook Twitter-icon SoundCloud Youtube-icon MySpace

Home 経歴 経歴

amazing squirrel soundworks の創設者かつオーナーであるラルフ ステンゼルは、12歳の時初めてキーボードとテープレコーダーに触れ、作曲や録音を始めた。ラルフはクラッシク音楽、ジャズピアノ、電子オルガンを学び、校内オーケストラでの指揮をする機会にも恵まれた。80年代のシンセサイザーのコレクションはさらに増してゆき、その実験的演奏を最も楽しんでいたラルフは、常に音楽とテクノロジーの融合に興味を示していた。また80年代はベルリンに拠点を置き、シンセサイザー音楽とスタジオテクノロジーの研修コースに参加した。そのコースの一部には、ニューエイジ ミュージシャンであるニック ティンダルの講義する研究会もあった。80年代半ばには、エレクトロニック ミュージック シーン専門のラジオ番組に彼の曲が紹介され、友人と協作した30分のパロディードキュメンタリーで青年ラジオ賞を獲得した。そして80年代後半には、数多くのクラブイベントを企画し、その中で自分のリミックスやラジオジングルスを製作した。
エンジニア学位取得後、1995年にラルフはロンドンに戻った。そして、海賊版ラジオ局でかかるドラム&ベースとガラージから影響を受けたものをブレンドし、独自の曲を作り出した。ロンドンのR&Bアーティストとのコラボレーションを数多く行った後、すべてコンピューターベースの製作システムにグレードアップした。さらにビデオ資料に関する仕事にも従事した。また映画音楽とリミックスへの分野へ特別な関心を抱き、今彼は自分の会社 amazing squirrel soundworks と共に、オーディオ、マルチメディア プロジェクトに取組んでいる。     ??.

Photo 1
 Photo 2